スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧相馬邸 函館最古の住宅…取り壊し回避、観光スポットに(毎日新聞)

 古い建造物が多く残る北海道函館市で最古の住宅とされる築100年以上の「旧相馬邸」が6月から一般公開される。地元の豪商が1908(明治41)年に建てた和風建築で市の伝統的建造物に指定されているが、バブル崩壊とともに人手に渡り、取り壊しの危機にあった。市内の不動産業者が保存のため買い取り、新たな観光スポットとして再出発することになった。

【最古のものといえば】ロングセラー物語 三ツ矢サイダー(アサヒ飲料) 1884年発売

 旧相馬邸は、越後(新潟県)出身で、函館に移住し米穀商や金融業で財を成した相馬哲平(1833~1921年)の私邸として建てられた。木造2階建てで洋室1間、和室17間を備え、敷地面積は約580坪(約1910平方メートル)を誇る。

 明治~大正の町並みを残す市内の西部地区の中でもひときわ目立つ和風建築だったが、90年に4代目当主が死亡すると、相続の問題などで競売にかけられ、転売が繰り返されて空き家になっていた。

 昨年、不動産管理会社社長の東出伸司さん(71)が「取り壊されるのは市の損失」と購入。ケヤキの1枚板の戸や、黒板の床、手作りのガラスなどを残したまま、函館ゆかりの美術品などを展示して屋敷の一部と土蔵を有料公開することにした。ギャラリーやコンサートの会場にも使い、敷地内の別棟は民宿にする予定という。

 東出さんは「くつろぎながら函館の歴史を学べる場所にしたい」と話す。問い合わせは東出さん(0138・54・3662)。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
【最古のものといえば】日本最古の鋳造貨幣 富本銭
【最古のものといえば】「羽衣天女伝説」 京都・京丹後 天と地を青葉の衣着て浮遊
【最古のものといえば】江戸初期、お歳暮に使われたのは・・・
【最古のものといえば】源氏物語:幕末・維新の英傑も愛した?平安の恋愛小説

素朴な“青空市” 街のにぎわい創出(産経新聞)
介護保険見直しに向け意見を募集―共産党国会議員団(医療介護CBニュース)
雇用支援機構の委託、12道県で再入札へ(読売新聞)
ほめられたら要注意…多額現金請求の悪徳商法(読売新聞)
新住職祝い稚児行列 足立区谷中・法立寺(産経新聞)

<鳩山首相>大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、5月の大型連休中に沖縄県を訪問する方向で検討に入った。実現すれば首相就任以来初めて。普天間問題の打開に向け、仲井真弘多知事ら関係者と会談したい意向。ただ、訪問までに情勢が好転する見通しは薄く、首相周辺には慎重論もあり実現するかは微妙だ。

 首相は自身の沖縄訪問に合わせ、移設先候補地となっている鹿児島県・徳之島に平野博文官房長官を派遣することも検討している。

 首相は21日の党首討論で、公明党の山口那津男代表に「就任してから沖縄に一度も行ってない」と迫られた際、「現地の皆さんの声を十分にうかがいたい。時期が来たら必ずそのようにさせていただく」と意欲を示していた。

【関連ニュース】
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
党首討論:鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否
普天間移設:「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連

<サクランボ>温室育ちの“赤い宝石”収穫期 山形・東根(毎日新聞)
「凛の会」元会長、村木被告への働きかけは無罪(読売新聞)
中学校の窓ガラス180枚割られる 埼玉・春日部(産経新聞)
<化石>アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
東国原知事が口蹄疫対策を農水相に要望(産経新聞)

障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)

 国と原告側が終結に合意していた障害者自立支援法をめぐる違憲訴訟のうち、大阪府の男女11人の障害者が国に負担の免除などを求めた訴訟の口頭弁論が20日、大阪地裁(吉田徹裁判長)であり、和解が成立した。

 さいたま、奈良、旭川各地裁などに続き13例目。弁護団によると、21日に東京地裁でも和解が成立する見込みで、全国の訴訟が終結するという。

【関連記事】
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
【施政方針演説】人のいのちを守るため「いのちを守る予算…」
初の点字訴状、受け取りへ 全盲女性に名古屋地裁伝える
障害者自立支援法廃止へ 長妻厚労相、新制度の設計着手
政権交代でどうなる? 障害者自立支援法 新法に衣替えへ

東北・秋田新幹線、一部区間で運転見合わせ(読売新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
水俣病救済方針を閣議決定=未認定患者3万人超対象-全面解決目指す(時事通信)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
愛子さま「毎日ご通学」(産経新聞)

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)

 村上春樹さんのベストセラー長編小説「1Q84」の続編「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉に発売された。開店時間を特別に早めた名古屋市内の書店では、朝からファンが買い求めていた。

 同市中村区名駅の近鉄パッセ8階にある星野書店近鉄店は700冊を入荷。この日は午前7時半に特設売り場を設けた。店員が「待望の第3巻が発売されました」と呼び掛けると、通勤・通学途中の人が足を止めていた。

 愛知県安城市の男性(64)は「主人公の青豆と天吾の行方が気になります」とうれしそうだった。同店には約200部の購入予約が入っているといい、西脇義高店長(38)は「出版業界が厳しい中でありがたい話題」と話していた。【高木香奈】

【関連ニュース】
1Q84:発売開始 ファン次々と
1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か
村上春樹さん:小説「1Q84」が304万部
1Q84:2巻累計39億円 ブランドムックが大ヒット オリコン書籍レポート
本屋大賞:村上春樹「1Q84」など10作品ノミネート 吉田修一「横道世之介」も

<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)
舛添氏「青木氏の権力の源泉はポスト配分」(産経新聞)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)
“小沢2法案”波乱の目 「政治主導確立」「国会改革関連」(産経新聞)
<普天間移設>連立内から「5月末は無理」(毎日新聞)

「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編 平沼代表ら5議員(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相らは10日午後、都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結党を正式に発表した。与謝野馨元財務相を含め計5人の国会議員が参加。「打倒民主党」や「政界再編」などを掲げている。代表には平沼氏が就任する。

【関連記事】
たちあがれ日本、いきなり立ち上がれず?党名が竹中氏と…?
与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定
新党ラッシュどうなる既存政党 自民は危機、民主は無警戒
石原都知事、参院選への出馬「あり得ない」 定例記者会見で
与謝野氏は辞めるべき 自民、田野瀬総務会長
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<文化財保護法違反>39歳容疑者逮捕 シカにボーガン(毎日新聞)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審-広島高裁(時事通信)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)
ガス業界、熱利用の新インフラ スマートグリッドに対抗(産経新聞)
プロフィール

jhxqacaekv

Author:jhxqacaekv
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。